キャッシングの審査について

始めてキャッシングをする人は審査内容について不安に思うかもしれません。
単刀直入に消費者金融へ審査内容を聞いても、もちろんですが答えて貰えません。
また審査に落ちても詳しい理由も教えて貰えません。

では審査に通りやすくするためにはどのような対策が必要でしょうか。

まず借り入れ希望金額を50万円以下に設定することです。
金額が高いと審査も厳しくなります。
 
仕事をしていない人はすぐに定職に就くようにしましょう。
無職や派遣、短期の人はハードルが上がります。
また無職の人には貸し付けを行っていません。

今まで支払いが遅れているものがあればすぐに支払いをしましょう。
延滞の記録はどこでも共有しているので、
消費者金融A社で延滞があれば、
芋づる式にB社、C社へも延滞のことは知られてしまいます。
信用情報調査機関へ延滞の記録は登録されるからです。

また、たった数千円だからと支払っていないものが、
金額の多寡ではなく後で審査のネックになるのです。

用心しないといけないのは携帯電話の機種料金です。
一括0円や実質0円と宣伝しているので解りにくいですが、
一括0円はローンではないので信用情報調査機関へ登録されません。
しかし実質0円は機種料金を分割で支払って、
毎月の割引で相殺する方法なのでローン契約になります。
それを知らないで数千円の携帯電話料金を油断して延滞してしまうと、
事故情報として信用情報調査機関へ登録されてしまいます。
少しの金額でも延滞するとリスクが大きいことを知っておきましょう。

消費者金融の審査はスピード化されている。

お金が無いときに限って、友人と久しぶりに会う約束が出来たり、
なかなか会えなかった恋人とデートする機会に恵まれることがあります。
お金が無くてもせっかうの楽しいチャンスは逃したくない。
そんな時には迷わずキャッシングを利用しましょう。
最近の消費者金融は午前中に申し込めば、
午後の早い時間に融資されるほどスピード化されています。
窓口で延々と待つこともありません。

急にお金が必要になった人には時間がない事がほとんどです。
そのため出来るだけ無駄な作業を省いて効率化する工夫がされています。
身分証明書もメールで画像を添付して送信すれば完了だったり、
インターネットから個人情報を入れて、審査を受けることも出来ます。

お金は充分に用意しておくと安心ですが、いつも充分な資金があるわけではありません。
いざというときにはキャッシングは強い味方です。

契約は簡単で初めて利用する人にもわかりやすく親切丁寧に誘導してもらえます。
緊張しやすい人は無人契約機で手続きしても良いでしょう。
ネットで個人情報を入れて身分証明書を送り、
店舗か無人契約機へ出向いて本手続きをするとその場でカードが発行されます。
銀行などのキャッシュカードはその場でもらえないのことが多いので、
消費者金融の発行スピードに驚きますね。

職場へ在籍確認をされて問題がない人は、限度額を高めに設定しておくと、
金利面で優遇されるプランなどもあるので、
脂コシでも金利を抑えたい人は確認しておきましょう。

CIC信用情報調査機関とは?

キャッシングを申し込むときによく目にするのが、
信用情報調査機関へ照会するという文言です。
CICなどの個人信用情報機関では、氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、
契約日、契約種類、支払状況、利用残高、申込履歴、事故情報等の情報が登録されています。
その情報と借り入れ希望者の申告した情報が一致しているか照会するのです。
そのため他の消費者金融から借り入れをしていることを隠していても無駄です。

個人信用情報機関は全国銀行個人信用情報センターと、日本信用情報機構(JICC)、CICがあります。

全国銀行個人信用情報センターは銀行系が加盟していて、
CICはクレジット関係、合併により大手になった日本信用情報機構JICCは消費者金融系、
商工ローン、流通系、信販系の情報が登録されています。
この情報は各業者が申し込みを受けたときに登録して、
情報を共有しているのです。

申込用紙に必ずどこかの信用情報調査機関の名前が書いてあり、
そこに情報を照会する旨、了承してくださいと書いてあります。
この照会無しで審査は出来ないので必須となります。

そこで借り入れを希望する消費者金融が、
どこの信用情報調査機関へ照会するか把握しておきましょう。

もちろん申込者本人も自分の情報がどのように登録されているか確認が出来ます。

複数社の消費者金融へ一度に申し込みを行った場合は、
審査が通りにくいと言われますが、
その申し込み履歴は最低6か月間は消えないので、
再度申し込みをする場合は期間を空けましょう。

クレジットや消費者金融の利用履歴は5年間残ります。
解約をしても、その日から5年間は残ります。

延滞して支払えなくなった状態の場合も残ります。
そのため他の金融機関からの借り入れ審査ではマイナスとなるわけです。

返済日時に間に合わないと思ったら連絡しましょう。

理由があってお金が足りないから借金をしているけれど、
返済日にどうしても間に合わない事態が起こったら、
早めに消費者金融へ連絡しておきましょう。
連絡をしておくだけで色々なことがスムーズに進みます。

ついうっかり支払日を忘れたなら次の日の入金でほとんど問題ないでしょう。
一週間や10日たってしまうと遅延損害金を請求されます。
意外にバカにならないお金なので口座引き落としの人は前日までに入金して、
ATMで返済の人は早めに入金しておきましょう。
ATMで気軽に返済できると楽ですね。

しかし、借入金額が少なくてもっと借り入れをしないと返済できない場合は、
延滞をしてしまう前に新たな融資の相談をしましょう。
そのつきあいがある消費者金融へ相談するのがベストです。
数社から借り入れするより1社からまとめて借り入れをする法が審査に通りやすいからです。

資金計画を立てて余裕がある計画を立てて、
借り換えをすると良いでしょう。

毎月の返済日にお金が足りなくなるのでは不安です。
実際に延滞してしまうと信用情報調査機関へ支払い遅れの事が記録されてしまいます。

そうなると借り換えはもちろん他の消費者金融からの借り入れが難しくなるので、
延滞する前に借り換えが鉄則です。
延滞してしまっては身動きが取れなくなります。

在籍確認不要
消費者金融側も貸し倒れだけは避けたいので、
親身になって融資の相談に乗ってくれます。
家計簿や収支表を確認して、余裕のある資金繰りが出来そうな金額をはじき出して、
借り換えの手続きをしましょう。

ATMを賢く使ってキャッシングの手数料を節約!

コンビニは自宅や職場の近くの、どこにでもあって便利です。
ほとんど毎日コンビニに行く人は多いのではないでしょうか。
コンビニはお買い物も便利ですが、お金に関することでも便利です。

消費者金融からお金を借りて返済をするときには、
コンビニATMからも返済できます。
仕事で遅くなったりしても時間を気にしないで返済が出来るので、
銀行や郵便局の窓口へ行く手間や気苦労を考えると楽です。

さらにコンビニで普通のキャッシュカードからお金を引き出すと手数料がかかるのに、
消費者金融からの借り入れでは金利がかからないところがほとんどです。

そのため急場を凌ぐために、借りたお金をすぐに返済するなら、
あえて自分の口座からではなく、
消費者金融から借り入れをするのも節約できる利用法です。
金利と手数料を天秤にかけて、時間や手間を考慮すると、
消費者金融からの借り入れの方が得な場合が多いです。

消費者金融からお金を借りて、返済をするためには、
自分の口座からの引き落としや、毎月ATMで入金が主な方法でしょう。

口座からの引き落としは通帳に履歴が残るので、
借金を家族に隠している人には不向きです。

近所のATMへ入金に行くのは何となく人目が気になるという人には、
コンビニで返済できることはとてもメリットです。
簡単に返済できると思うだけで気持ちの負担が軽くなります。

しかも、最近では会社連絡なし キャッシングで借りれる金融が増えてるので、同僚などにも
知られずに融資してもらえるのも頼もしいですね。

お買い物だけではなくコンビニATMを上手に使って、
金利や手間を節約してマネーライフを充実させましょう。

キャッシングの審査内容を知ろう。

ネットの普及に伴って消費者金融も借り入れがしやすくなり、
キャッシングを使う人も増えてきました。

しかしキャッシングを申し込むに当たって、
審査の内容を詳しく知らない人も増えています。
他の金融機関から買い入れが出来ているのだから、
問答無用で借り入れできるだろうと言い張る人もいるようですが、
実際には審査が行われていて公平に取り扱われています。

キャッシングは何にお金を使うのかを申し出る必要がないため、
借り入れをしやすい反面、審査が厳しめになります。
借り入れる金額も他の用途が決まっている物より低めで設定されます。

基本的に担保や保証人は不要です。
借入 在籍確認
誰かの保証人を頼まないと借り入れが出来ない状況というところで、
金融機関からの借り入れを断念する人が多いので、
門戸が広いと言えます。

キャッシングを申し込んで審査が通らなかった過去がある人は、
時間を空けてしばらくしてから再度他の金融機関へ申し込みをすると良いでしょう。
再度同じところへ申し込みをしたり、同じ系列の金融危難へ申し込みをした場合、
過去の審査結果が共有されるからです。

キャッシングの場合は一定の収入があれば比較的審査が通りやすいです。
職種は関係ありません。

そのため派遣社員であっても毎月きちんと働いていたら、
返済能力ありと見なされキャッシングが受けられます。
他の金融機関が取りこぼしてしまった顧客を抱えてくれるということです。
便利に使えるキャッシングですが、収入の範囲で上手に使って豊かな生活を送りたいですね。

どこの消費者金融が借りやすいのか?

まずは誤解のないように。
借りやすい=審査が甘い、という訳ではありません。
申込みからの流れで、手続きが面倒ではなく、スムーズという意味です。
審査は甘くはないです。ですが、スムーズな手続きにより厳しいとは感じません。

最近の、特に大手の消費者金融はインターネットでの申込みサービスが
とても充実してきました。細かい差はありますが、どれも借り易くなっています。
【アコム】【プロミス】【モビット】はそのサービスに力を入れています。
特に【アコム】は徹底して利用者の声をサービスに反映させていると感じます。
【来店不要】【最短審査】【即日振込】【24時間借入・返済】などです。

インターネットのキャッシング申込みで何が便利になったのでしょうか。
まず、【来店不要】のサービスです。店舗窓口に出向くことなく、
申込みから、審査のための書類提出、振込みまでが可能です。
スマートフォンや携帯、パソコンなど、インターネットに
接続できる環境があれば、どこの場所にいても利用可能です。
消費者金融の公式サイトに入ることができればいんです。

審査に必要な書類はコピーしたものを郵送しなければなりませんでした。
それは同時に、届くまで数日待たなければ審査は進みませんでした。
しかし、インターネットで申込めば、書類を写メやスキャンして画像化し、
メールの添付、カメラアプリ、公式サイトのフォームなどから
送ることで、あっという間に先方へ届けることが出来、審査が短くなりました。

カードを発行を待たなければならなかった現金の引き出しも、
公式サイトに利用者のアカウントができ、そこから指定の銀行口座に
振込めば、すぐにコンビニのATMからでも引き出すことが可能です。

在籍確認なし アコムこれだけ進化したサービスがあることは実はあまり知られていません。
CMで紹介しているのはイメージだけですから。
これだけ借り易くなっているインターネットサービスがオススメです。